1.ニキビ肌に負担のかからない低刺激のCCクリームはこれ!

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

ニキビCC

  • 肌にできたニキビが嫌で、つい厚化粧をしてしまう
  • ニキビがひどくてメイクをする気になれない
  • ニキビの上からメイクをしてニキビが悪化した
  • メイクはしたいけどニキビは悪化させたくない!

 

このような悩みを持った人におすすめなのがニキビ用のCCクリームです。
ニキビ用のCCクリームを使うと、

 

  • ニキビの悪化を防ぐ
  • 凹凸や赤みの目立つニキビやニキビ跡をカバーしてくれる
  • ニキビ跡や色素沈着も改善してくれる

 

ので、ニキビを悪化させずにメイクが楽しめます!

 

1-1.ニキビのある肌に負担をかけないのがリプロスキンCCクリーム

ニキビCC

肌トラブルが悪化しないCCクリームとして最もおすすめなのが、リプロスキンCCクリームです。
リプロスキンCCクリームは、美容成分が豊富に入っていて長時間つけていても肌への負担がとても少ないんです。

 

<リプロスキンCCクリームの主な美容成分>

 

・アボカド油脂肪酸ブチル(お肌の水分・油分をコントロールして大人ニキビを防ぐ)
・ヨーグルト液(お肌をやわらかくして、ニキビが出来にくい肌にする)
・カラフトコンブエキス(肌をなめらかに整えてやさしく肌を保護する)

 

 

このようにメイクアイテムであるCCクリームなのに、お肌をいたわる成分がたくさん配合されていて、ニキビのある肌でも負担なく使用することができます。

 

ニキビCCクリーム

1-2.CCクリームは油分が少なく、油分の過剰分泌が原因でできるニキビの悪化を防げる

メイクをしていると夕方肌がテカってくることはありませんか?
これは、肌が日中に油分を作っているからなんです。
メイクにより塗った油分と、肌から分泌された油分の影響で肌がテカってしまいます。

 

この時、油分の高いメイクをしていると油分過剰となってしまいニキビが出来やすくなります。
CCクリームは、ファンデーションやBBクリームよりも薄付きなので、油分が原因で起こるニキビの悪化を防ぐことができるんです。
さらにニキビケアに特化したCCクリームを選ぶことで、ニキビを目立たなくする・改善する両方の効果が期待できます。

2.肌に負担のかかりにくいCCクリームの選び方

低刺激で肌に優しいCCクリームを選ぶには4つののポイントがあるんです。

水分・皮脂をコントロールするもの
肌の凹凸を整える成分配合のもの
肌をワントーン明るくして、ニキビを目立たなくしてくれるもの
長時間つけていても肌ストレスにならないもの

 

ではCCクリームを上手に選ぶポイントを1つ1つ見ていきましょう!

2-1.ポイント@水分・皮脂をコントロールする成分

思春期ニキビの原因の多くは、肌が油分を過剰に分泌している状態です。よって、こまめに洗顔をすることを勧められます。
しかし、20代からできるニキビの多くは“大人ニキビ”といって、肌の水分と油分両方が不足するのが原因で、肌が炎症を起こしてニキビとなってしまいます

 

また生活環境の変化などでストレスを感じると、肌の油分と水分のバランスが崩れてニキビになってしまうケースもあります。
少しの変化で肌の調子が揺らいでしまうので、水分や油分の分泌をコントロールする効果のある成分が含まれているCCクリームを選ぶのがおすすめです。
水分や油分をコントロールする成分でおすすめなのがダイズエキスやアボカド油です。

 

2-2.ポイントA肌の凹凸を整える成分配合

ニキビCCクリーム

ニキビやニキビ跡は、肌がへこんだりしてデコボコした状態になっています。
これはニキビの炎症により、その部分だけターンオーバーが遅れて古い角質のままになっているのが原因です。
ターンオーバーが遅れている部分は少し肌が凹んでいるのが分かります。

 

肌を凸凹のないツルっとした状態にするためには、炎症があった部分をしっかりと保湿してターンオーバーを促してやることが大切です。
日中はメイクをしている状態になり、保湿ケアができない状態が長時間続くので、CCクリームなどにも保湿成分が入っているものを使うのがベストです。
ニキビ・ニキビ跡ケアにおすすめの保湿成分は、グリセリン・米ぬかエキスなどの肌に負担がかかりにくい低刺激な成分です。

 

2-3.肌をワントーン明るくして、ニキビを目立たなくしてくれるもの

ベースメイクなので、つけ心地だけではなく仕上がりも重視したいですよね。
CCクリームはニキビの赤みや黒ずみ・くすみなどを少ない量でカバーできるものが、ニキビには負担がかかりにくいです。
元々CCクリームは肌に負担がかかりにくい代わりにカバー力が低いと言われていますが、ニキビの赤みなどを自然に隠してくれるカバー力が高いものもあります。

 

CCクリームはBBクリームやファンデーションのような肌の色をあまり選ばないアイテムなので、色のパターンがなくても多くの人に合いやすいのが特徴です。
選ぶなら色よりもカバー力を重視すると、仕上がりのよいCCクリームを選ぶことができます。

2-4.長時間つけていても肌ストレスにならないもの

メイクは朝から晩まで一日中つけている人が多いと思います。
肌に負担のかかるCCクリームやファンデーションをつけていると、ニキビだけではなく毛穴汚れや乾燥の原因にもなってしまいます。
肌へ負担が少ないCCクリームを選ぶなら、美容成分が豊富に配合されているものを選ぶのがおすすめです。
美容成分は、○○エキスや○○油など成分表を見ればとてもわかりやすい名前が多いので、CCクリームを選ぶ際の参考にしてみてください。

3.ニキビ肌でも安心して使用できるCCクリームランキング

リプロスキンCCクリーム

ニキビCCクリーム

 

肌負担のなさ 星5
保湿成分 星5
カバー力 星5
崩れにくさ 星4

「人気ニキビケアブランドが開発したCCクリーム」
ニキビ跡専用の化粧水で大人気のリプロスキンが開発したCCクリームが「リプロスキンCCクリーム」です。
ニキビやニキビ跡のことを研究し尽くしたリプロスキンならではのニキビケアができるCCクリームになっています。

 

リプロスキンCCクリームは、肌にやさしい成分だけで作られているため、メイク自体が刺激になるということを防ぐことができます。
また、ニキビ専用アイテムなので、ニキビに対するカバー力が高いことも魅力です。

 

配合されている有効成分は、ダイズ種子エキス、ヨーグルトエキス、ゴボウ根エキス、カラフトコンブエキス、アボガド油脂肪酸と、天然成分ばかり。
トラブルが起きやすい不安定な肌のために、不要な成分を配合せず肌にやさしい成分だけで作られているから安心して使えるというのもおすすめポイントです。

ニキビCCクリーム

 

サエル ホワイトCCクリームクリアリスト

ニキビCCクリーム

 

肌負担のなさ 星5
保湿成分 星5
カバー力 星3
崩れにくさ 星4

「敏感肌でも使えるノンケミカル処方のCCクリーム」
サエル ホワイトCCクリームクリアリストは、ポーラ研究所で開発されたものの中で初めてとなる、紫外線吸収剤フリーの「ノンケミカル処方」で作られたCCクリームです。
ニキビ肌専用ではありませんが、大人ニキビの原因となる「微弱炎症」を徹底的に研究した、敏感肌専用ブランドのため、ニキビ自体ができない肌を作ります。
炎症を起こしがちな敏感肌向けなので、当然酸化しやすいオイルは含まれていません。

 

角層の乱れによる「青ぐすみ」、炎症による「赤ぐすみ」、炎症によるダメージからくる「黄ぐすみ」に働きかける美容成分が配合されています。

 

ダメージバリアにはベントナイト由来の特許取得成分「ヴァイタサイクルヴェール」、ヒト型ナノセラミド、リペア成分にはグリチルリチン酸2K、セイヨウノコギリソウエキスを配合。
ノンケミカル処方ながらSPF50、PA+++という紫外線対策力でCCクリームだけのメイクでも安心です。
オレンジ、パープル、グリーンの3色のカラー配合で、本来は美白ラインのCCクリームでありながらニキビ肌の悩みも根こそぎ消し去ってくれます。

 

※今サエルの基礎化粧品トライアルを注文すると、CCクリームのサンプルが入っています。
基礎化粧品も気になるという人や、まずは塗ってみないとわからないという人にはこちらのトライアルがおすすめです。

ニキビCCクリーム

 

米肌 澄肌CCクリーム

ニキビCCクリーム

肌負担のなさ 星4
保湿成分 星4
カバー力 星4
崩れにくさ 星5

「肌負担は少ないけど崩れにくいし、UVカット機能もある万能CCクリーム」
「米肌 澄肌CCクリーム」は、国内最高レベルの紫外線カット効果を持つCCクリームです。
ニキビ専用として開発されたものというわけではありませんが、肌色コントロールパウダーによって、ニキビやニキビ跡をしっかりカバーしてくれるCCクリームです。

 

「さらさらエアインパウダー」・「毛穴ロックポリマー」・「皮脂吸着パウダー」が配合されていて、メイクの持続力にも期待できます。
米胚芽油、ノイバラ果実エキス、ダイズエキスなどの保湿成分のおかげで保湿力も高く、乾燥ニキビ対策もできるCCクリームになっています。

ニキビCCクリーム

3-1.CCクリームは肌に負担がかかりにくい。しかし最も大切なのはスキンケア

ニキビCC

ファンデーションは肌をカバーする役割のアイテムです。よって、ファンデーションは仕上がりに特化したアイテムで肌をいたわる成分が少ないのが特徴です。
BBクリームはファンデーションと化粧下地が一体化したもので、メイクの時間短縮にはなりますが、肌への負担になりやすいのがデメリットとして挙げられます。
対して、CCクリームは化粧下地とカラーコントロールと美容液成分が一体化したもので、ファンデーションやBBクリームのようなカバー力には劣りますが、
ファンデーションやBBクリームよりも肌への負担が少なく、肌トラブルのある肌でも安心して使うことができます。

 

ただし、CCクリームでも多少の肌負担があります。
CCクリームは日中のニキビケア代わりとなるアイテムで、ニキビケアに最も大切なのは夜のスキンケアであることが大前提です。

4.ニキビ・ニキビ跡を治すスキンケア

いくらCCクリームが肌に負担がかからす、ニキビに良いといっても、ニキビやニキビ跡を根本改善できるのは夜のスキンケアしかありません。
メイクを落とした後のスキンケアでニキビやニキビ跡を治し、薄付きのCCクリームでも綺麗に見える肌を目指しましょう!

 

4-1.ニキビケア化粧品の選び方

ニキビケアができる化粧品はどのようなものを選べば効果的なスキンケアができるのでしょうか。
選ぶ際のポイントは以下の3つです。

 

抗炎症成分配合のもの
油分が多すぎないもの
保湿力が高く、肌をふっくらさせるもの

 

では、ニキビケア用の化粧品の選び方を一つずつ見ていきましょう。

 

4-1-1.抗炎症成分配合のもの

ニキビは肌が炎症を起こしているサインです。炎症を起こしている肌にむやみに刺激を与えたりすると悪化してしまいます。
また、肌の炎症を抑えないと、保湿成分や美容液成分は入りにくくなります。
まずは肌の炎症を抑える抗炎症成分が必要です。

 

抗炎症成分として、ニキビに有効なのがグリチルリチン酸ジカリウムです。
古くから漢方としても使用されていて、肌の炎症を落ち着かせる効果があります。
この成分でニキビをケアしながら、保湿などで改善していくことでニキビを完全に治すことができます。

 

4-1-2.油分が多すぎないもの

油分の過剰分泌が原因のニキビに対して、化粧品で過剰に油分を与えてしまうとニキビが悪化する恐れがあります。
油分によるニキビにはダイズエキスやアボカド油のように、油分の分泌をコントロールできるような成分が入った化粧品が望ましいです。

 

4-1-3.保湿力が高く、肌をふっくらさせるもの

治りかけのニキビやニキビが治って跡になっているところの肌は凸凹としていて、つやのない状態になっています。
このようなニキビの跡は、ターンオーバーが遅れていたりコラーゲンが不足しているので、肌をしっかりと保湿して肌を健康な状態に導くことで改善することができます。
おすすめの保湿成分は、コラーゲン・ヒアルロン酸・スクワランのような、高い保湿力でお肌をふっくらとさせる効果のある成分です。

5.ニキビ・ニキビ跡を治す効果のある化粧品ランキング

ニキビケア化粧品を選ぶポイントから、ニキビやニキビ跡に高い効果のある化粧品を厳選して紹介していきます。

 

リプロスキン

リプロスキン

ニキビへの効果 星5
保湿力 星5
ニキビ跡への効果 星5

「水分と油分を効果的に補給できるニキビ・ニキビ跡化粧水」
CCクリームでも登場したリプロスキンというニキビケアブランドの化粧水です。
リプロスキンは“トリプルブースターシステム”という保湿のカギとなる水分と油分の浸透力を向上させることで、
ニキビやニキビ跡を健康的な肌へ導きながら改善することができます。

 

保湿成分・抗炎症成分はどれも天然由来の成分を使用していて、化粧水特有のお肌のピリピリ感を感じることなく使用することができます。
化粧水なので、顔全体のケアに使えて便利です。使い心地はさっぱりとしていて、朝のスキンケアにも使用することができます。
使いやすさとニキビ・ニキビ跡への効果をいいとこ取りしたニキビケア化粧水です。

リプロスキン

 

ベルブラン

ベルブラン

ニキビへの効果 星5
保湿力 星4
ニキビ跡への効果 星5

「気になる部分に直接働くニキビケア美容液」
ベルブランはニキビ跡のために開発されたアイテムで、ニキビ跡を保湿成分で改善しながら、
色素沈着やくすみを美白成分でなくす効果があります。

 

保湿成分のヒアルロン酸をたっぷり3種類使用し、美白成分もトラネキサム酸・カモミラエキスなど厚生労働省で認められた効果の高い成分を配合しています。
ニキビ跡専用の美容液ですが、抗炎症成分も入っていて今あるニキビも改善することができます。
高濃度の美容液タイプなので、いつでも気になるところにひと塗りして手軽にニキビケアをすることができます。
ニキビ跡をより効果的に治したい人におすすめです。

ベルブラン

 

ルナメアAC

ルナメアAC

ニキビへの効果 星5
保湿力 星5
ニキビ跡への効果 星3

「ナノ化した最新の美容成分で大人ニキビ治す!」
ルナメアACは富士フィルムのニキビケアブランドです。
富士フィルムは最新の美容研究を進めていて、特に有名なのは“美容成分のナノ化”です。
美容成分をより小さな分子にすることで、肌への浸透力を上げてより高い効果が期待できます。
ルナメアACは抗炎症成分をナノ化することによって、ニキビを鎮める効果を高めています。

 

ルナメアACは洗顔フォーム・化粧水・ジェルクリームと豊富なニキビケア化粧品がそろっていて、一番自分に合うアイテムを見つけてみるのがおすすめです。
14日間のトライアルセットはルナメアACをラインでお試しできるので、ニキビケア化粧品選びの参考になるかと思います。

ルナメアAC

6.ニキビのタイプ別で選ぶニキビケア方法

ニキビCC

ニキビにはいくつかの種類があり、それぞれ原因や症状の大きさなどが違います。
治し方も少しずつ違ってくるので、今あるニキビに合った治し方を実践して効率よくニキビケアをしていきましょう!

 

6-1.白いニキビの治し方

白っぽい小さなニキビのようなものは初期段階のニキビです。
まだ炎症は起こしていないので、痛みやかゆみなどはない状態ですが、放置しておくと赤く炎症を起こしたり膿となったりしてしまいます。

 

本格的なニキビケアは必要ありませんが、十分な睡眠をとったり、ビタミン類をしっかりと摂取してニキビをこれ以上悪化させないことが重要です。
特に、ビタミンBはターンオーバーを促したり代謝を整えたりする効果があるのでおすすめです。

 

6-2.赤みのあるタイプのニキビの治し方

ニキビが赤くなっているのは、肌がニキビ菌と戦って炎症を起こしている状態です。
この状態を放っておくと膿になったり、ひどい跡になる原因になります。

 

毛穴の中にニキビ菌を発生させないようにするには、皮脂を毛穴に詰まらせないようにするケアが大切です。
毛穴に詰まった皮脂をやさしく洗顔で落とし、肌を健康な状態に保つことでニキビ菌の増殖を防ぐことができます。

 

6-3.膿んで黄色っぽいニキビの治し方

ニキビが黄色っぽくなっているのは、赤いニキビが悪化して化膿している状態です。
膿んでいるニキビは治ったとしても跡になってしまうことがあるので、ケアは慎重に行ってください。

 

まずはニキビの炎症を抑えます。やさしく洗顔をした後に、抗炎症成分配合の化粧品でニキビの化膿を落ち着けましょう。
その後、なるべく低刺激の化粧水や乳液で保湿をしてください。油分の多いアイテムは避けましょう。

 

6-4.ニキビに効果のあるニキビケア化粧品ランキング

ルナメアAC

ルナメアAC

ルナメアACはアスタリフトなどの商品を開発した富士フィルムのニキビケアラインです。
富士フィルムの最新技術で、ニキビケアの有効成分をナノ化してより肌に浸透しやすく作られています。
ニキビに早く効果を出したい人におすすめです。

 

さらに、顔全体の水分量を均一に整え、フェイスラインにできやすい生理前のニキビなども予防できます。
1,000円のトライアルセットで全アイテムを一通り試すことができるので、ニキビがひどい時に集中的に使ってみるのも有効です。

ルナメアAC

 

プロアクティブ

プロアクティブ

CMなどでもお馴染みの有名なニキビケア専用ブランドです。
プロアクティブはニキビを治すための有効成分サリチル酸が全てのアイテムに配合されていて、高い改善・予防の効果を発揮します。
また、ニキビと同時に起こりうる肌荒れ・くすみ・シミなどの肌悩みにもアプローチして美肌を目指すことができます。

 

肌に合わない場合や、効果に満足できなかった場合は60日の返金保証があるので安心して試すことができます。
ニキビケア化粧品初心者の人におすすめのブランドです。

プロアクティブ

 

ノブACアクティブ

ノブACアクティブ

ノブは大人ニキビ用の化粧品ブランドです。
ニキビケア化粧品はさっぱりとしたつけ心地の商品が多いですが、ノブには高い保湿力があって物足りなさを感じません。
肌の乾燥はターンオーバーの乱れを招き、大人ニキビを引き起こす一因となってしまいます。
ノブはその点、ヒアルロン酸やセラミドなどを配合していて保湿力は申し分ありません。

 

さらに、古い角質をやさしくピーリングしてくれる効果があり、ニキビの原因を断ち切ります。
ニキビの改善から予防、美肌ケアまでをトータルでサポートしてくれるニキビケア化粧品です。

ノブACアクティブ

7.タイプで選ぶニキビ跡のケア方法

ニキビCC

ニキビ跡もニキビ同様、ニキビ跡の症状によって治し方が異なってきます。
ニキビ跡には今あるニキビよりも地道なケアが必要ですが、続けることで改善されるのであきらめずにニキビ跡ケアをしていきましょう!

 

7-1.赤みの伴ったニキビ跡の治し方

ニキビが収まったばかりの肌は赤みが残った状態の肌になるケースが多いです。
赤みのあるニキビ跡は、つい最近までできていたニキビにより肌が敏感で薄くなっている状態です。

 

赤みのあるニキビ跡は赤ニキビ同様、保湿ケアによりターンオーバーを促して肌を清潔な状態に保つケアをしていきます。
朝晩のスキンケアはもちろんですが、22時〜2時の間にきちんと睡眠をとったり、偏食を行わないことも重要です。
ターンオーバーを正常にすることで、赤みのあるニキビは簡単に改善することができます。

 

7-2.色素沈着をしているニキビ跡の治し方

色素沈着しているニキビ跡とは、ニキビが治った後にシミ状になっている状態のものをいいます。
このニキビ跡の色素沈着は、日を浴びすぎて作られるシミと同じものです。
ニキビが原因で肌ダメージのある状態で日光を浴びると、メラニンがつくられやすくなり、ニキビが治った部分にシミができてしまいます。

 

色素沈着でシミ状になっているニキビ跡は、シミと同じく美白ケアで改善することができます。
ターンオーバーで肌を再生しながら、シミを排出してケアをしていきましょう。

 

美白成分もメラニンの生成を防ぐには有効な方法です。
ビタミンC誘導体やトラネキサム酸など、美白成分を肌に入れてシミを改善・予防していくのがおすすめです。

 

7-3.クレーターになっているニキビ跡の治し方

クレーターのような凸凹したニキビ跡は、自力でケアをするのが最も難しいタイプのニキビ跡です。
まずは、ターンオーバーを正常な状態にして肌を整えましょう。
ターンオーバーを整えるには規則正しい食生活がポイントです。

 

また、凸凹としたニキビ跡は炎症によってコラーゲンが不足している可能性もあります。
ニキビ跡の部分にコラーゲン配合の美容液を塗ることで改善することがあります。

 

自宅でのケアで改善が見られない場合は、皮膚科などの医療機関で改善していくのがおすすめです。
皮膚科で受けることができるニキビ跡の治療法はピーリングやレーザー治療などいくつかありますが、医師と相談して最適な方法を検討してください。

 

7-4.ニキビ跡ケアに効果を発揮する化粧品ランキング

リプロスキン

リプロスキン

ニキビ跡のために開発されたブランドです。
お肌に必要な水分と油分を効果的に補給してニキビの治りを早くし、肌を健やかな状態に保つことができます。
肌を柔らかくすることで、肌の治癒力を高めニキビ跡を早く改善できます。

 

抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムで肌の炎症をやさしく抑え、今あるニキビの炎症を鎮める効果もあります。
ニキビ跡にもニキビにもたっぷり使える化粧品です。リプロスキンCCクリームと一緒に使うのがおすすめです。

リプロスキン

 

ベルブラン

ベルブラン

ニキビ跡に直塗りするタイプの美容液です。
内容量は少ないですが、ニキビ跡ケアに必要な高い保湿成分や、ニキビを鎮める抗炎症成分、肌を整える植物成分が凝縮されています。
ニキビ跡に直接塗ることで、ニキビ跡の集中ケアをすることができます。

 

美白成分トラネキサム酸やカモミラエキスも配合されていて、ニキビ跡ケアと美白ケアを同時に叶えてくれる美容液です。

ベルブラン

 

ビーグレン

ビーグレン

ビーグレンは美白専用やニキビ・ニキビ跡専用のラインがありますが、
ニキビケアのラインは顔の保湿力とバリア力を高めて、ニキビを跡が残らずきれいに治すことができます。
今あるニキビ跡も、これからニキビ跡になりそうなニキビにも効果のある化粧品です。

ビーグレン